家族のため、自身のため、老いじたくが大切になってきます。 家族のため、自身のため、老いじたくが大切になってきます。

生前整理

" 家族のため、自身のため、老いじたくが大切になってきます。 "

老いじたくのすすめ

シニアライフを快適に過ごすための老いじたく。
  • シニアライフを快適に過ごすための老いじたく。
  • 生前整理は死後に行う整理(遺品整理)ではなく、介護施設に入所される際のお部屋のお片づけ、もしくはシニアライフを快適に過ごすための整理です。

    生前整理をするには、まずは今まで歩んできた人生をじっくりと振り返ることが大切です。これまでに集められた物の整理からはじめるのが正しいやり方です。限られている命の時間を意識することで、本当はやりたいのに出来ていないことが明確になります。

  • シニアライフを快適に過ごすため
  • 介護施設に入居するため
  • 遠方に住む家族と同居するため

生前整理を検討する理由、「だからこそ老いじたくが必要になってきます」

【~老いじたく、はじめていますか?~】

生前整理ならぬ「老いじたく」を始めよう。

  • 生前整理ならぬ「老いじたく」を始めよう。
  • 体に変調を感じながらも、つつがなく生活しているうちは老いじたくを意識することはないと思います。
    しかし、年齢によって何をきっかけに命を落とすころになるかわからないことがあります。
    そこで、自分が死んでしまったら、葬儀関係や財産の処分などのエンディングについての意思を書き残しておく必要があるのではないでしょうか。
    この時の手段・方法として、遺言書・エンディングノートがあります。

老いじたくは「老いる者の心得」

  • 老いじたくは「老いる者の心得」
  • 老いじたくは、遺言書とエンディングノートを書くことだけではなく、自分の身の周りのモノの整理と処分も必要です。
    死んだ人のモノは、金目のモノ以外はほとんどといっていいほどゴミになります。
    老いじたくを勧めるのは、早い死に備えるためだけではありません。
    後期高齢者と呼ばれる75歳以上になると、体力・気力・判断力等が衰えてきます。
    そのため、老いじたくが自分一人ではできなくなる可能性があります。
    老いじたくを始めておけば、モノを買い込んだりため込んだりしなくなると思います。いつ何があっても、家族の手間を省けます。これが、「老いる者の心構え」であり、後に残される人への思いやりだと思います。

【~突然やってくる、親の家の片付け・・・~】

実家の片付け、考えていますか?
  • 実家の片付け、考えていますか?
  • 年を取るとちょっとした病気やケガでそれまでの生活ができなくなります。
    家の中で転ぶだけで、寝たきりになってしまうこともあります。「親はいつまでも元気」でいるとは思わないでください。

    親が一人で暮らせなくなった時、一般的に選択肢として
    ◆呼び寄せて一緒に暮らす。
    ◆介護施設等の老健施設に入居する。
    ◆親の家に引っ越し同居する
    ということがあります。

    どれを選んだとしても、親の家の片付けが必要となります。

ページトップへ

遺品整理・生前整理・特殊清掃・空き家整理
無料お見積もりフォームはこちら

遺品整理・生前整理・特殊清掃・空き家整理 無料お見積もりフォームはこちら